パスワーク22 〜 B2 ピースボトルを使い終わりました

シェアありがとうございます!

岩手県盛岡市のオーラソーマサロン 
Aihal-Sophia【アイハルソフィア】いがまゆみ です

■ お知らせ ■ *Aihal-Sophia サロンでの営業 予約状況はこちら 
➡ 5/20〜5/26      ➡ 5/27〜6/2
(それ以降の予定は カレンダーでご確認ください)
          
*毎月2〜3回  曜セッション会@ボディカフェ カノン
➡ ご予約はこちら

*開催イベント
「緑のおくりもの」 夏頃を検討中! お知らせはこちら

*お問い合わせもお気軽にどうぞ! ➡ こちら

【この記事は約 5 分で読めます】

B2のボトルを使い終わりました。1ヶ月弱くらいでした。

ボトルの使用感というのは人それぞれです。
感じ方などには個人差があることをご理解ください。

B2 ピースボトル
ブルー/ブルー

B2の使用感は「おだやか」

B2 ピースボトルは「女教皇」のパスに当たるボトル。
パスワーク前半最後のボトルです。

使用感は可もなく不可もなく
おだやかで何も起らない感じでした。

このボトルの色はとても好きですが
今まではなんとなく引け目を感じて苦手だったんです。

なぜ苦手だったかというと「おだやか」だから。

何も起こらずに変化が無いように感じてしまうし
そのおだやかさを望んでいるのに
呑み込まれてしまいそうで不安を感じて動いてしまうから。

ニュアンスをわかってもらいにくいかもしれませんが
言葉にするとそんな感じなんです。

そしてもう一つ、感じていたことがありました。

それを常に頭に置いているのに
無自覚になっていたことが
「苦手」と感じるもう一つの要因だったと
氣づいたことがあります。

権威にヤられてしまう私

このボトルを使っていた最後の1週間の間に
東京でオーラソーマ・レベル2コースの受講をしてきました。

コースは4日間ですが
前半2日間は迷いと怖れと不安が
ぐるぐるとうずまくような時間でした。

このエントリにも書いていますが
とにかく毎日最低2人、
新しいパートナーと組んでコンサル練習をしたんですね。

そして前半2日のその不安と怖れが出たのが
このコンサル練習でした。

周りの受講生はティーチャーさんがほとんどで
しかもあまりお話ししたこともない方ばかり。
つまりは氣遅れしてしまったんですね。

「私なんて…」
「ティーチャーでもないのに…」
「おかしな人と思われたら嫌だな…」
まぁ〜、ネガティブモード発動でしたよ(笑)
自己嫌悪に陥るほどに。

ただ、自己嫌悪に陥って
それがかえって良かったんです。

「あ、こんなのイヤだ。やめよう!」

と決められたから。

私が感じるように、
いつものようにやれればそれでいいじゃない。


オーラソーマを知らない人にはコンサルできて
よく知っている人にはできないなんて
そもそもがおかしい話。

ティーチャーさんとコンサルできるのは
自分を磨くチャンスと思えば
180度視点が変わります。

実際、意識をそう変えたら変わりました。

お相手のいいところを取り入れようと思ったり
自分のコンサルの癖や良いところを
アドバイスもらったりもできました。

「私なんかがおこがましい」

コース中の変化はいつもおもしろくて興味深いです。

今回それは、2日目までのボトルセレクションと
3日目以降がガラッと変わったことからもわかります。

自分の意識が変わったのも目に見えるし
自分が感じていることをコンサルで話すと
より腑に落ちてきます。

2日目までの不安や怖れを感じて
ワタワタしていたときのキーワードは

「私なんかがおこがましい」

ズルい言い方ですが
「こう言っておけば目立たずに済む、叩かれない」から。

いやぁ、ほんとズルいですよね…笑 
これは自分を信じていないから発する言葉でした。


でももういい、もうやめた。

そう決めたら楽になりました。
不安も怖れもまだまだあります。
(解消してないので当然)

でも、それらがあっても「楽」になれる。

それは「今の自分を認め」て一歩ずつ進んでいくこと、
今やれることを地道にやるしかないってことに
改めて氣づかされました。

ブルーの言語の一つ、信頼とは

色彩の言語、ブルーの中に「信頼」があります。

「信頼」って何かをしてくれたり
何かをもらったりするから信頼するんじゃなくて
まず「信頼すると決める」ことでした。
ウソでもいいから。

すると決めたことが動いていく。
決めたことが寄ってきます。

マイク学長がコース中に
「難しいって言わないで!」と言っていましたが
これは同じことなんだと思います。

難しいと思うから難しくなってやりたくなくなるし
わからなくなります。
実にシンプル。

ここまで実感できると
今はブルーが「苦手」とは思わなくなりました。

経験すると不安や怖れが減っていくのと同じで
ブルーとはどんな感じかを実感してしまえば
もう苦手ではないですね。
一つの段階をクリアしたのかなと。

次回のボトルは?

生命の樹で表されるパスは22本。
今までは上に昇っていくルートを一つずつ辿った道行でした。

昇りっぱなしじゃ人間として役に立ちません。
いかに現実に役立たせるか。
そのためのパスワークですからね。

というわけで
今度はオーラソーマでいうリターンジャーニー。

パスワークR-1回目のボトルはB22 再生者のボトル。
こんなボトルです。
対応するパスはリターンの「愚者」。
イエロー/ピンクのボトルです。

B22 再生者のボトル/目覚め
イエロー/ピンク

フライングしてB2と一緒に少しだけ使い始めています。
アウトワードの愚者はジャンプしましたが
この愚者はどうなんでしょうね。

さて、どんな感覚になりますやら。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)