思い込みというフィルターを外すのは難しいけど、それを通して見ていると氣づくことはできる

シェアありがとうございます!

岩手県盛岡市のオーラソーマサロン 
Aihal-Sophia【アイハルソフィア】いがまゆみ です

■ お知らせ ■ *Aihal-Sophia サロンでの営業 予約状況はこちら 
       ➡ 12/2〜12/8         ➡ 12/9〜12/15   
(それ以降の予定は カレンダーでご確認ください)
          
*毎月1〜2回  曜セッション会@ボディカフェ カノン
  ➡ ご予約はこちら

*開催イベント
 「緑のおくりもの」➡  お知らせはこちら
 【緑のおくりもの vol.5】  
  2020年1月25日(土)  ボディカフェカノンさま
  詳細はお知らせでご覧ください(ご予約もできます)

「第4回 もりおか広域 逸品フェア  2019年11月9日(土)」
【終了】ありがとうございました!
(来年も出展するかも!)

*お問い合わせもお気軽にどうぞ! ➡こちら

【この記事は約 2 分で読めます】

最近、過去記事をたどってるんです。
ネタがないわけでもないんですが、
過去記事自体もネタの宝庫(笑)

同じことを考えている場合もあるし
より考え方が変わっていることもあるし。

というわけで
今回取り上げるのは3年前のエントリ。

日常のささいなことにもフィルターは作用している!
こんにちは ちょこちょこと引越し荷物を梱包しています。 近場の引越しなので、 きっちりダンボール箱に詰めなくてもいいのです。 ...

「思い込み」について書いています。

当時は、思い込みというフィルターを外そう!と
思い込んでいましたねぇ(笑)

今は、このフィルターは外すんじゃなくて
フィルターを通して見ていると「氣づく」のが大事だし、
やりやすいことだなと思ってます。

このフィルターはかけ替えられます。
が、外れません。
よっぽどのことがないと…
と、私は思ってます。

まぁ、私の体験なんですけどね。

外れた!と思っても
別のフィルターに置き換わってる場合がほとんど。
そんな経験が続くと
「あれ?これもフィルターなんじゃ?」
と氣づいてきます。

つまり、自分の考え、
それ自体が「フィルター」なんだとわかります。

もしくは何も考えていないことが
フィルターに囚われた結果ということはよくあります。

Facebookでこんな記事を見つけました。
現代ビジネスプレミアムの記事で
大前 治弁護士が執筆しています。

自然災害大国の避難が「体育館生活」であることへの大きな違和感(大前 治) @gendai_biz
7月5日から8日にかけて西日本各地が豪雨に襲われた。被害は甚大であり、避難指示と避難勧告は全国で約360万世帯・863万人に発令され、3,779ヵ所の避難所に約28,000人が避難をした。

大勢が避難するとしたら
日本ではかならず学校の体育館になります。
プライバシーが保てずに辛そうだと思いながらも
そこへ避難するものだと思い込んでいました。

ところが、世界的に見ると
その状態は劣悪なのだそう。

このことについて
明日も考えてみようと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)