イクイリブリアムボトルを使うのは?

シェアありがとうございます!

岩手県盛岡市のオーラソーマサロン 
Aihal-Sophia【アイハルソフィア】いがまゆみ です

■ お知らせ ■ *Aihal-Sophia サロンでの営業 ➡ 11/12〜11/18の予約状況はこちら
                ➡ 11/19〜11/25の予約状況はこちら
(それ以降の予定は カレンダーでご確認ください)          
*ほぼ毎週曜は セッション会@ボディカフェ カノン ➡ ご予約はこちら
12月2日(日)は 緑のおくりもの@つながる台所 Hana ➡ ご予約はこちら
*お問い合わせもお気軽にどうぞ! ➡ こちら

【この記事は約 4 分で読めます】

最近、ボトルを使った感想を書いていませんが(汗)
継続して使っています。

間を空けるときもありますし
続けて使ったり、2本同時に使ったりもしています。

何も感じなくたってOKですよ

ボトルが何に作用するのか、ですが
成分から言えば「美容オイル」に当てはまります。

イクイリブリアムボトルには、
上層はキャリアオイル、エッセンシャルオイル、
クリスタルエネルギーと植物の自然な色素が主に使われています。

下層は、水とハーブの抽出液、クリスタルエネルギーと
植物の自然な色素が主に使われています。

よく振ると一時的に乳化するので
それを身体に塗って使います。

ボトルを塗っていくといろいろなことが起きる、
とはよく言われますが、
塗ったボトルが何かを引き起こしているのではなくて
起こった出来事に対して意識的になっている自分と
塗ったボトルとが共鳴している、と見た方が自然です。

氣にしてなければ、ボトルとは結びつけないわけで、
私はボトルを使い始めて10年近くになりますが
衝撃的な氣づきがあったこともあれば、
「なんかあったっけ?」で終わることもあります。

これは、変化を敏感に「感じるからいい」とか、
「感じないと良くない」のではなくて
単なる【個人差】で【その時の状態による】です。
視力がいいとか、メガネをかけないと見えない、
というのと同じようなもの。

私たちは何にでもラベリングしたがるので
ボトルを使うことに意味を見出したくなりますが
使い終わった後で「あぁ、こんなことがあったな」と
何かに氣づくくらいでちょうどいいのかもしれません。

でも、安くないお金をかけるわけですから
何かしら感じたい!とは思いますよね。

なんか楽しい、ワクワクする、で使っちゃう

Aihal-Sophiaがおススメするのは、
「ボトルを塗る」のを「楽しんでほしい!」ということ。

ボトルが何かをしてくれる、と「受け身」でいるより
ボトルを塗るのを「私が楽しむ」、と能動的でいるのが
オススメ。

何かを「感じられる」のを待つのではなくて
自分から「楽しい!」と積極的に感じてみてください。

自分の人生を創っているのは自分自身ですから!
だったらとことん楽しむ方がいいなぁと思うんです。

もともとイクイリブリアムボトルは
自分に必要な色と共鳴してココロと身体をリラックスさせ
整えていくものとして知られています。

そして、その成分は美容オイルとしてうってつけのもの。

何にも増して「自分で選んだ」ボトルです。
そんなボトルを身体に塗って
自分で身体もココロもケアをすることで
私自身のどんなところと共鳴しているのか、
それを知りたくてワクワクドキドキします。

私はボトルを塗るのをそう言う意味で楽しんでいます。
途中、使わない時も挟んでいますが、ボトルを使うことで
じわじわとでも、自分が変化するのがわかっていますから。

まずは身体のケアから始めませんか?

イクイリブリアムボトルを塗るのは身体です。

ボトルによって推奨されている「塗る範囲」がありますが
そこにこだわりすぎる必要はないと思っています。

推奨範囲+自分が塗りたいところに塗っていいと思います。
というか、私自身そうしています。

それは「自分の直感を信じる」経験につながります。

ある程度のガイドラインはありますし、必要ですが
この「自分自身の直感に従う」経験が
自分を信じる、信頼することにつながっていきます。

ただ「自分の塗りたいところに塗る」という
ささいなことかもしれませんが、それこそが
「自分を信じて大切に扱う」 経験として積み重なって
日常でも自分を信じて行動するベースになっていきます。

まずはボトルを身体に塗るケアから始めてみませんか?
ボトルは、コンサルテーションからでも
バースナンバーからでも
その年を象徴するイヤーボトルでも
ご自分がピンと来たものを選んで見てくださいね。

Aihal-Sophiaで選びたい方はぜひお問い合わせください!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)