B5 サンライズ・サンセットボトルとB32 ソフィアを使い終わりました

シェアありがとうございます!

岩手県盛岡市のオーラソーマサロン 
Aihal-Sophia【アイハルソフィア】いがまゆみ です

■ お知らせ ■ *Aihal-Sophia サロンでの営業 ➡ 1/14〜1/20の予約状況はこちら
                ➡ 1/21〜1/27の予約状況はこちら
(それ以降の予定は カレンダーでご確認ください)          
*毎月2〜3回  曜は セッション会@ボディカフェ カノン ➡ ご予約はこちら
*お問い合わせもお気軽にどうぞ! ➡ こちら

【この記事は約 4 分で読めます】

母のマシンガントークを聞いていると
1日があっという間に終わります。
ブログを書く暇が…なんて言い訳したいくらいです(笑)


さて、B5とB32のボトルを使い終わりました。
1ヶ月強くらいでしょうか。

ボトルの使用感というのは人それぞれです。
感じ方などには個人差があることをご理解ください。

B5とB32を使っていた間の感覚

B5 サンライズ・サンセットボトルは
「法王/教皇」のパスに当たるボトル。

生命の木パスワークのボトルなのと同時に、
私にとっては生年月日から導き出される
バースナンバーボトルでもあります。

B5 サンライズサンセットボトル

そして、今年の締めくくりに使おうと決めたB32も
私のバースナンバーボトル。

B32 ソフィア

なぜB32を使おうとしたかはここで書きました。

今年の締めくくりに使おうと思うボトル!
今年もあと1ヶ月半になりましたね。 生命の木パスワーク講座のおかげで 毎月必ずボトルを1本使っているわけですが それとは別に使いた...

B5は特に濁ることも泡立つこともなく、
気持ちよく使えていました。

B32も同じように気持ちよく使っていましたが、
こちらの方は上下の液面の間に白いモヤが出ていたので、
何かしらの反応はあった模様。

実際のところ、使ってみてどうだったか?は
「自分だったらどうしたと思うか?」を
いろいろな場面で問い直すことが多かったように思います。

最後の最後に、あ〜、これか!と

ものごとが起こると、
外側に意識を向けている場面がとても多かったです。

ある意味、自分のエネルギーを外側に注いでしまう
パターンに陥っていました。

でも、いつもと少し違ったのは「振り返って考えたこと」。

常に私ならどうするか、どうしたいと思っているのかを
改めて感じ、考える時間をとっていました。

それが積み重なっていって、ボトルを使う最後の最後に
「あ〜!これのことか!」と納得感が出て来ました。

実家の母がやって来てから近況などを話していて
ダメ押しのように氣づいたことなんです。


母とあれこれ話していると、
私も母も「知りたい」という欲求を
共通して持っているのがわかりました。

年齢はまったく関係なく、自分が楽しむ。

ははも
「自分が氣分良く在る、自分で氣分よく居る、良くするのが大事」
ということを話していまして。

それらの話から、B32を初めてバースナンバーとして
意識した時のことを思い出しました。

母と対話していて直接氣づいたのではなく、
それらの話を一人で咀嚼していてふっと浮かんだ感じでした。

やっぱりいろいろ「知りたい」し、
明らかにしたいんだなぁ。
理由なんてどうでもよくて、
とにかく興味のあることを「知って試したい」

新しさと懐かしさが同居している感覚で、
私なりのB5とB32の解釈が出て来たな、と感じています。

この解釈も練り上げるうちに変化していくので、
それもこれからの楽しみ。

次回のボトルは?

パスワーク19回目のボトルは
B3 ハートボトル、アトランティアンボトル。
こんなボトルです。

B3 ハートボトル/アトランティアンボトル

対応するパスは「女帝」。
ブルー/グリーンのボトルを
ボトルワークとして使うのは
チャクラ講座の時以来かもしれません。

そしてもう1本。
12月のこのパスワーク講座の
1本リーディングで選んだボトル、B110を使います。

B110 大天使アンブリエル

2019年から始めるピンクの旅で
最初に使おうと思っていたボトルです。

おそらく使うのは初めてだと思います。
この後に、若いナンバーのB11へ戻って
順に使う予定なのです。

さて、どんな感覚になりますやら。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)